銀行のカードローンの注意点

銀行のカードローンは基本的に消費者金融より金利が低く設定されているので返済総額も少なくなり返済の負担が軽減されます。そのためお金を借りる時は銀行のカードローンを利用する事になりますが、銀行のカードローンは銀行によって金利の設定が異なってくる場合があります。

基本的に上限金利は14~15%の間で設定されていますが、中には消費者金融と同じぐらいの設定になっている場合もあります。そのため利用する銀行のカードローンを決定する時は複数の銀行を比較して特に金利を確認するようにしましょう。

銀行のカードローンは雑誌やインターネットの広告などにも掲載されていてその広告を見てしまうとお金を借りようという気分にもなってしまいます。しかし銀行のカードローンを利用するという事は借金をするという事なのでその辺りはしっかり頭に入れておく必要があります。また金利が低いから業者選びに成功したと思って借り過ぎてしまうと借金が膨らむ原因になるので注意しましょう。

 

総量規制が適用されないカードローン

総量規制が適用されると、年収によってはカードローンの審査が難しくなってしまうことがあります。そこで、総量規制が適用されないカードローンを申し込むことが必要です。三菱東京ufj銀行のカードローンなら、総量規制は規制は適用されません。

審査には何が必要なのかということもホームページを見たら分かりますので、申し込みをするときには見ておきましょう。また、総量規制を気にするのでしたら、クレジットカードを使って小売商品を買うこともできます。住宅などの大きな買い物はクレジットカードではできませんが、小売りをしている商品なら問題なく買うことができます。

クレジットカードがあればとっさの現金がないときでも、カードローンに近い役割を果たしてくれます。申し込みをしてからは審査状況を確認することもできますので、不安になることもなく契約まで進むことができます。カードローンもいい商品が多いですが、クレジットカードもいい商品が多いです。

 

中堅規模の会社がたまに利用している無利息期間融資

法人の方々は、たまに消費者金融を検討しています。それも、無利息期間融資がある金融会社を検討している事もあるのです。そもそも法人などは、たまに急ぎで資金の調達が必要な事があります。それも立場上、かなり急ぐ事もあるのですね。取引先から仕事を引き受けているような立場の法人ですと、一刻も早い資金の調達が求められる事もあります。

そして消費者金融には、スピードに関するメリットがあるのです。ですので銀行ではなく、賃金業者から借りる法人も多く見られます。いわゆる中堅規模の法人などは、そこから借りている事例も多いです。

ただし借りるとなると、やはり金利に関する話が浮上することになります。その手数料を少しでも抑えたいとなると、利息期間融資のシステムがある金融業者が望ましいでしょう。所定の期日までに返済をすれば、無利息になるメリットは大きいからです。

中堅規模の法人の場合は、所定の日が到来すれば返済資金を確保できる事も多いですね。それで無利息のサービスがある金融会社を利用している法人も、決して少なくありません。

 

なぜ月曜日は避ける方が良いのか

弁護士は、司法に関する強みがあります。一般の方々ではなかなかご存知ないルールなどを、知っているケースも多々ある訳です。例えば、不適正算定事案などです。そもそも、そういう用語自体が存在する事をご存知ない方々も世間では多いです。いわゆる司法の専門的な用語だからです。

ところが上記のようで専門家は、毎日のように無料相談を行っていて、司法に関しては非常に詳しいです。それゆえに司法に関する悩みがある時には、相談するのも一法と言えます。ただし、月曜日には気をつけた方が良いでしょう。なぜなら、混み合ってしまうケースが非常に多いからです。

そもそも多くの事務所は、日曜日などはクローズ状態になっています。それだけに週明けは、非常に混み合うことが多い訳です。日曜日分の来客者が多く事務所に殺到しますから、なかなか予約が取れないケースもあります。できれば月曜などは、少し避けた方が良いでしょう。火曜以降にする方が、相談もしやすくなります。